モーニングセミナー

こんにちは。2年目研修医のHです。
 今回は市民病院で行われている勉強会について、ご紹介させていただきます。
 市民病院では月に1-2回、あるテーマ(テーマは研修医の希望に沿います。)について、各専門科の先生に朝講義をしてもらっております。

勉強会

参加者は研修医だけでなく、病院関係者誰でも聞きに来られるようになっており、内容も噛み砕いたものが多いです。
 日々の診療での疑問も、簡単すぎて聞いたら悪いかな?と普段なら思うこともどんどん聞ける良い機会となっています。朝は少し早めですが・・・。

 他に研修医どうしでも勉強会を開いていまして、切磋琢磨できる環境となっています! それでは!!!

地域医療研修と研修医旅行

こんにちは。2年目研修医のCです。
当院の研修では2年目になると地域医療研修や精神科研修など、病院外での研修があります。
私も地域医療研修として佐渡の両津病院で1ヶ月間を過ごし、その後精神科研修として新潟市内の信愛病院で1ヶ月間を過ごしました。
そのため現在2ヶ月ぶりの当院の研修で、長いブランクのため少々戸惑っている部分もあります
今日は病院外での2ヶ月間をほんの少しだけ紹介したいと思います。

当院は心筋梗塞や脳卒中といった急性期疾患の患者様が大半を占めるのに対し、佐渡の両津病院ではある程度容態が安定した慢性期の患者様がほとんどで、両津病院での研修では慢性期患者様の全身管理の難しさ・やりがいを学ぶことができました。
また初夏の佐渡は自然や食べ物が豊富です。私が行った時は佐渡の花である「トビシマカンゾウ」が丁度見頃を迎えており、とても綺麗な花を咲かせていました。

佐渡写真1

さらに、「カンゾウ祭り」というイベントも開催されており佐渡名物の「鬼太鼓」を見ることもでき、とてもラッキーでした。
この他にも渓流釣りや寿司巡りなどを経験でき、とても充実した1ヶ月間でした。

佐渡写真2

その後の信愛病院での精神科研修では、精神科疾患の特長的な問診や日々の診療などを学ぶことができました。また専門的な精神疾患のこと以外にも、「せん妄」や「不眠」への対応も学ぶことができ、これからの診療に活かしていくことができそうです。

このような様々な研修の合間にも、1年目の後輩研修医たちが研修医旅行を計画してくれたため、研修医みんなで温泉旅行に行ってきました!

研修医旅行写真

昼は皆んなでBBQを楽しみ、夜はゆっくりと温泉につかりつつホテルの料理に舌鼓を打つとても楽しい旅行でした!

このように当院では院内以外にも様々な研修・楽しみがあります。是非一度見学にいらしてみて下さい!

研修医生活の日常

こんにちは。研修医2年目のKです。
 気温も暖かくなり、過ごしやすい季節となりました。まさに研修にうってつけの季節ですね。研修を始めて1年があっという間に過ぎてしまいました。新1年目の初期研修医の先生方が新しく入られて、ますます身が引き締まる思いでございます。

 さて、今回の内容ですが、正直いいネタがあまり思いつかなかったので、普段の研修生活の様子を伝えたいと思います。

ブログ

今現在、私は整形外科で研修させて頂いております。1日の内容を簡単に紹介させて頂くと、朝は手術、昼も手術で、夕も手術です。合間に患者さんを診察します。以上です。至ってシンプルな内容でしょう。毎日充実した生活を送っております。当院では救急医療が充実しており、そのため交通外傷等の高エネルギー外傷が多く搬送されますので、緊急手術もたくさん経験することができます。指導医の先生方も充実しており、丁寧に指導していただけます。手術のシャワーを浴びるのにうってつけですね。

緊急手術

内科・外科にかぎらず、多くの重症例・救急疾患を経験できるのがこの病院の魅力です。ちなみに今こうしてブログを書いている最中に、整形外科で緊急手術が1件入りました。これから手術室へ向かおうと思います。では行ってきます。

2年生になって

みなさん、こんにちは。研修医2年生のIです。前回A先生が県立津川病院での研修をリポートしてくれましたが、私も新潟南病院での地域医療研修を紹介したいと思います。
市民病院との違いはやはり「訪問診療」でしょうか。自分が住んでいる街を訪問診療として巡回するのは不思議な気持ちになりますが、自宅や施設で「生活」している患者さんの様子を知ることはとても勉強になりました。下の写真は訪問診療へ行く前に指導医の先生、看護師さん、運転手さんと撮った1枚です。(当直明けのIは必死に睡魔と闘っています)

訪問診療前

新潟南病院は新潟市民病院とわずか2kmしか離れていませんが、入院患者さんの疾患は市民病院とは異なりcommonな疾患が多いです。全身を管理する、まさに内科の研修ができました。
ちなみに、研修医も当直に入ります。当直中の1コマです。検査・画像は電子カルテでオーダー・閲覧します。

電子カルテ

当直の時は患者さんの診療以外にも検食という仕事もあります。ある日のメニューですがとてもおいしかったです。

検食


以上、研修医Iの地域医療研修レポートでした。医学生のみなさん、新潟市民病院は院外での研修も含めてバランスよく幅広く経験を積める病院です。ぜひ一度見学・実習へお越しください。
研修医一同みなさんをお待ちしています。




1年研修を終えて

こんにちは。新二年目研修医のAです。
私は3月28日から4月22日まで地域医療研修として県立津川病院で研修してきました。写真は訪問診療の移動中の車内から撮影した風景です。
津川は福島県の県境寄りに位置しています。周りは山で盆地の中に病院があるのですが、訪問診療は自分で病院に来ることが難しい方のためさらに山の中を車で入っていきお宅を訪問させて頂きます。

津川病院研修

津川病院で診させて頂いた患者さんの多くは平均年齢80歳と非常に高齢で、当院で出会う疾患の種類とだいぶ異なっていました。
しかし市民病院の研修とは違った経験を多くでき、今後の医者人生として貴重な経験になりました。

訪問診療中に他県からも見に来る人がいる程有名な桜が咲いているということで車を降りて記念に撮影しました。

野中ザクラ1

きれいでかわいらしいお花ですね。

野中ザクラ2

かわいらしいと言えば4月1日に新しい1年目の先生達が仲間入りし、歓迎会をしました。
早速学年同士の勉強会も行なっており、皆さんとても優秀そうなので追い抜かれないようひやひやしています。これは先日の歓迎会の写真です。

歓迎会

また4月16日には日本内科学会 循環器内科ブースで初めてのポスター発表をさせて頂きました。
ポスターは今までのパワーポイントと異なり全体のデザイン構成なども考えながら作成・発表を行ない、また違った難しさがありました。

日本内科学会

ほんの1ヶ月でしたが発表・地域医療研修で怒濤の日々を過ごしました。

僕自身一年経ちましたがまだまだ経験できていない疾患もあり、この恵まれた環境でたくさん勉強させて頂きたいと思います。

新潟市民病院はブログでは伝えられないほど研修病院としていいところがいっぱいある病院だと思うので、学生の皆さん是非一度今年の夏休みにでも見学にいらしてください!特に夏休み辺りは救命科研修なので待ってます!